プロフィール

勝間田 佳子

profilephoto

アルトサックス吹いてます♪

CD出してます。
良かったら聴いてみて下さい♪
CDの部屋

お問い合わせはこちらまで↓
domokonitiwa@yahoo.co.jp


◎音楽活動を数年休止する前からのプロフィール◎

勝間田 佳子(かつまた よしこ)
            Alto Sax , Soprano Sax & Clarinet Player
宮崎県出身。
5歳よりクラシックピアノ、12歳より吹奏楽にてクラリネットを始める。
福岡大学入学時ディキシーランドジャズのサークルに入部、
ほどなくしてモダンジャズに目覚めアルトサックスを始める。
卒業後地元にて演奏活動を行い、その頃よりソプラノサックスも始める。

'01年上京。松風鉱一、宮地傑、各氏に師事。
'04年に続き'05年10月には自己のユニットで横濱ジャズプロムナードに出演。
'05年12月、1st Album ’LOVE ’をリリース。
各種ジャズ専門誌でアルバムが紹介される。
石丸電気ソフト3館にてインストアライブを行う。
'06年1月、新宿ピットイン昼の部にリーダーグループで初出演。
'08年12月に2nd Album ’Heaven ’をリリース。
自己のバンドで初めて九州&広島ツアーを行う。
各種ジャズ専門誌でアルバムや活動が取り上げられ好評を得る。
FM福岡、FM宮崎にてアルバム曲(オリジナル)がオンエアされる。
'09年1月、新宿ピットイン夜の部にリーダーグループで初出演。
'09年3月、生駒音楽祭にリーダーカルテットで出演。
'09年8月、毎年、日比谷公会堂にて行われる伝統あるサマージャズフェスティバル(日本音楽家協会主催、二日目のサマージャズレボリューション)に、
音楽評論家、瀬川昌久氏推薦の4人の女性アルトサックス奏者の一人として出演。

リーダーグループでの活動は、新宿ピットインを中心に首都圏のライブハウス等で行っている。
そのほか、様々なバンド、セッションでも演奏を行う。
基本となる演奏スタイルはジャズだが、ファンクバンド、サンババンドでの演奏経験もある。

アルトサックスをメインにディキシーやスイングのスタイルとは一味違うクラリネットにも定評がある。ユニークなオリジナル曲と情熱的なプレイを身上とする

                              (2009記)



◎そしてその後〜現在◎

2009年12月、長年の無理がたたり心身ともに支障をきたし音楽活動を中止。
その後再開しない予定であった。

数年間は以前よりの趣味であった絵画に専念。
2013年武蔵野美術大学(通信教育過程)を卒業。
個展や公募展、グループ展などで作品を発表。

勝間田佳子の絵画制作の記録

作品を制作していくうちに、自己の表現のために音楽が不可欠であると再認識。
2015年9月、自身の絵画個展でのミニライブでサックス演奏を再開。

以前のような活動はもう出来ませんが、
今後も少しずつライブ活動や個展ライブなど続けて行きます。

なお、現在はアルトサックスのみ演奏しております。
オリジナル曲の作曲→絵画制作に変化しましたが、
ライブでオリジナル曲を演奏する事もあります。

よろしければ今後も暖かい目で見守って頂けると嬉しいです。
                             (2016年記)


このページの先頭へ